ぽれぽれ

おもに日記、イラストなど。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

鉛筆削りについて 

2011/10/19
Wed. 22:58

みなさん、こんばんは。
今日は、鉛筆削りについてお話ししようと思います。

私は、最近鉛筆削りを壊してしいました。
委員会のポスターを描いているとき、オレンジ色の色鉛筆を削っていたときぼっきりおれました。

私の鉛筆削りは手動なので、ハンドルを外して芯をとろうとしました。
しかし、長年開けていないせいか、開きません。

そこで、私は無理やり鉛筆を突っこみ、オレンジの芯を折ってとろうと考えました。

すると、あまりの衝撃のせいか、サドルが取れてしまいました。

芯はとえないし、サドルは外れるし、もういいや、新しいのを買おう。と思いました。

しかし、私はもう高校生。
テストもシャーペンで受けてるし、はっきりいって、鉛筆削りとかいるんかいな、と思いました。
でも、絵を描く私には、やっぱり必要なのです。

そこで今日、私は百円均一にいって、鉛筆削りを買いました。

そして、家に帰ったとき、私はふと、壊れかけた鉛筆削りに目が行きました。

「ああ、こいつ、捨てられるのか」

ふと、そう思うと、凄くさみしくなりました。

中学のころ、テストは鉛筆で受けなければならなかったので、テストの度この鉛筆削りを使っていました。
思い出の詰まった鉛筆削り。

私は意地でも直してやろうと思い、男子顔負けの握力40の文化部パワーでなんとか削る部分を外してやりました。
そして、なぜか近くにあった空気入れの先でオレンジの芯を取り出しました。


………………………治った…!



こうして、私はこれからもこの鉛筆削りとともに、人生の一部を歩むのでした。







ところで、私が百均で買ってきた鉛筆削りはどうすればよいのでしょう?







答えはWEBで!






答えは、部室に置くです。


…今日はちょっと真面目そうな書き方なのに、内容はおバカなことを書いてみました。
ちなみに、これは昨日と今日の出来事です^^

拍手ありがとうございました!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/10/20 09:40 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://umeaoi133.blog14.fc2.com/tb.php/675-dcdac0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。