ぽれぽれ

おもに日記、イラストなど。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

映画ドラえもん のび太の結婚前夜 

2011/10/21
Fri. 22:31

今、なんとなくこの作品を見ました。

始終涙がポロポロ流れました。
本当に、明日部活なのにどうしよう(笑)


この作品は、ドラえもんの作品の中で、昔から本当に一番好きな作品です。

ジャイアンやスネ夫は相変わらずだけど優しくて。
のび太は相変わらず遅刻、早とちりで。
でも、のび太は確実に大人になったよね。

見ず知らずの引っ越しする人に猫を届けようとする時も
「やってみないとわからない」
の言葉にも。
先生にそっと上着をかけてあげる時も。
誤ってタンポポを踏んでしまって、木の枝で支えたときも。
あんなかっこいいのび太、見たことないよね。

もうドラえもんの中では一番の名台詞と思っているのですが
しずかちゃんのパパが
「彼は他人の幸せを願い、他人の不幸を悲しむことの出来る人物」
の言葉は本当に大好きです。


ああ、この間みんなが沖縄戦の映画で泣いたって言っていたのに
(申し訳ないことに、私は完全にラジオドラマとして鑑賞)
私はこの映画でうんと泣かされたよ。



この映画が公開されたのは、1999年なので私はまだ5歳でした。
なので、始めてみたのはTUTAYAのレンタルだった気がする…
それでも、レンタルしたのは小学生頃で、しかも兄が借りたのを私が一緒に見ていた気がするので、低学年くらいかと。
その時からこの物語、好きでした。
「お嫁さん」
「変わらない友情」
という二つの点が私の心をつかんだ気がします(笑)

はぁ、ここまで書いたらすっかり泣きやみました(笑)
素敵な作品で心が洗われた気がする!

明日から、また部活ですが、頑張ろうと思います。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://umeaoi133.blog14.fc2.com/tb.php/676-ef08ab2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。